設計コンサルティング

ホーム>

設計コンサルティング

設計の業務実績へ

河川・海岸設計

防災上大切な河川施設や海岸施設の基本設計や、詳細設計、耐震設計を行っています。
現地調査、既存資料等から河川の持つ特性を把握した上で、河川計画および構造物(樋門・樋管・堤防・護岸・根固め等)の基本設計や詳細設計等を行います。
さらに、計画・設計を実施していく上で、治水、利水、自然環境の保全やバランスにも留意しています。

河川・海岸設計 河川・海岸設計

道路設計

地域経済や国民の生活・安全を支える道路は、社会インフラの重要な施設です。対象とする路線が必要とする交通機能や、それ以外に期待される機能等を総合的な観点から路線の計画・設計を行っています。地域計画との連携や、沿線住民の生活の向上、地域防災等の多面的な側面にも配慮した設計を行っています。

道路設計 道路設計

構造物設計

地域住民の安全で快適な生活を確保するための、各種構造物(ボックスカルバート・法面・擁壁・地下貯留施設等)の設計を行っています。設計を行う時点では景観や自然環境の保全、防災面に配慮することで、安全・安心を目指した設計を心掛けています。

構造物設計 構造物設計

共同溝設計

近年、電線共同溝による無電柱化が推進されています。観光立国としての取り組みにおける、視野を遮らない良好な景観の形成や、地震や豪雨などによる河川の氾濫等、様々な災害時の救急活動の妨げとならないよう、景観保全地域や都市部における重要な取り組みとなっています。
電柱・架線の状態、現地状況や既存の配管資料等から、埋設可能な道路及び地下空間を調査し、電力線、通信線などをまとめて収用する共同溝を設計します。

共同溝設計
現状モデル
共同溝設計
無電柱化モデル

橋梁設計

橋梁は地域の経済や生活を支える重要構造物です。道路としてのニーズや周辺の景観にマッチした、地域のシンボルとなる橋梁の計画や設計を行っています。また、災害に強く長持ちさせることを目的とした橋梁の長寿命化、耐震化、点検・診断にも積極的に取り組んでいます。

橋梁設計 橋梁設計

農業土木設計

農業ため池の耐震化、農業施設の長寿命化対策、農業用施設の更新など、既存の農業土木環境を改善するための設計を行っています。また、農山村環境の保全や有効活用、水辺環境の創出等、日本の食生活を支える重要な一次産業である農業を支える施設や、里地里山の環境保全施設について、長期的な展望をもって開発・設計を行っています。

農業土木設計 農業土木設計