測量

ホーム>

測量

測量の業務実績へ

基準点測量・水準測量

すべての測量において、地球上の位置、海面からの高さを定めた基準点が必要となります。
基準点測量とは、既設の基準点を基にして、新たに設置する基準点の座標、または標高を求めることです。
基準点測量は1級から4級まで、精度と配点密度により等級が分けられており、求められる条件に応じて、トータルステーション及びGNSS測量機を用いて観測を行います。
・GNSSによるスタティック法、RTK法(VRS方式)
・TSによる結合多角方式、単路線方式
・自動レベル、電子レベル、GNSS測量機を使用した水準測量

基準点測量・水準測量 基準点測量・水準測量

応用測量

地形測量・路線測量

路線測量とは道路・水路等、延長の長い構造物の新設、改良のために、計画された線形に基づき行われる測量です。中心線の設置、地形変化点の観測、縦横断図の作成等を行います。
地形測量では、土地の現況地形を観測し、数値地形データの作成や、現況図面の作成をします。地上での観測方法に加え、空中写真測量も用いられます。

地形測量・路線測量 地形測量・路線測量

河川測量・深浅測量

河川測量および深浅測量とは、形状・水位・水底部の地形を明らかにするための測量です。観測結果をもとに縦横断図を作成し、河川や港湾の経年変化の把握や、保全工事のためのデータとなります。

河川測量・深浅測量 河川測量・深浅測量

用地測量

事業で必要となる土地および境界について調査し、用地取得のための資料、図面を作成する業務です。現地測量作業だけでなく、公図、登記記録、現在の使用状況など、その土地に関わる全ての情報を加味して、正当な境界確定を行います。

用地測量 用地測量

確定測量

土地改良および土地区画整理事業において、土地の境界を確定する作業です。
弊社では名古屋市の土地区画整理に長年携わっており、日々変わりゆく街並みを感じながら測量作業を行っております。

確定測量 確定測量

3次元測量・写真測量

建設・測量の世界が2Dから3Dへと移行しつつある中、弊社でもUAVを用いた空中写真測量、3Dスキャナーでのレーザ測量による観測作業を行っています。取得した点群データの解析を行い、3次元データを構築することにより、現地測量や用地測量等の効率化を図るとともに、データの多元的利用が可能になります。

3次元測量・写真測量 3次元測量・写真測量

3次元測量・写真測量
空中写真による点群データ
3次元測量・写真測量
レーザスキャナによる点群データ